今になってわかる、接骨院のありがたみ

運動中に足を挫き、歩ける程度だったのでその日は接骨院にも行きませんでしたが、翌日になると足をつくのが苦痛なほど腫れて痛みが強くなっていたので、さすがに自力で治すのは難しいと思い近くの接骨院に行きました。腫れがうっ血したような感じではなかったので、骨まではいってないと判断し整形外科ではなく接骨院を選びました。

週に3回、1ヶ月程度通いましたが、バブルのお湯に足をつけたり、幹部に電気をあてたり、足首のストレッチをしてもらったりして治癒が早くなった気がしました。それに加え、また捻挫しないようにと自分の家でできる足首のストレッチの仕方まで教えてもらい、それ以後捻挫していません。また、足首を固定するためのテーピングも素人には難しいので接骨院でしっかり固定してもらえたことも治癒が早まった大きな要因かなと考えています。

足首捻挫はクセになるので、軽度であってもほっておくのではなく接骨院に行き、完治させることが重要だと思います。