接骨院で筋肉のあり方を学んでます

私が接骨院に通い始めたきっかけですが、趣味でバレーボールをしていまして、ハードなプレイに体がついていけず足首を捻挫した事で通い始めました。

ジャンプして着地した際にひねったようです。

もちろん足首の痛みと腫れがあり、内出血で青たんになっていました。

通い始めて、1週間程で痛みは和らぎましたが、まだまだ運動を始めるには厳しい状況。

1ヶ月通い、その後も動きの悪くなった足首をストレッチしてもらいに通い続け、正座ができなかった状態から今では正座もできるようになっています。

それと同時進行で肩の痛みや膝の痛みの相談にものってもらいました。

接骨院の先生から、運動するには事前のストレッチと運動後のクールダウンが大切な事、それにプラスして、どの筋肉を鍛えたらいいか、またその方法まで教えていただきました。

何でもそうですが、マメに通い続けることが早い回復に繋がると思います。そして、痛みを我慢するのではなくてその症状を正直に伝える事が大切です。

触診だけでは理解しづらい事もあります。コミュニケーションを取ることも早い回復には大切な事だと思っています。